FC2ブログ

740.今日の植物(418):フトモモ

 今日の植物は、フトモモという植物です。
 実は、属名EでEugenia属の植物を取り上げる予定だったのですが、Eugenia属の植物の多くがSyzygium属に変わっていましたので、結果としてSyzygium属(フトモモ属)が登場となりました。

 以前、ブラシノキの記事で科名のフトモモは「太股」ではなく「太桃」だろうと言っておったのですが、これは間違いでした。
 ウイキペディアによりますと、中国名の「蒲桃」(ほとう)が語源なのだそうです。すまん、知ったかぶりはいつもいけませんです。

 で、このフトモモは当然ながらフトモモ科 Syzygium属(フトモモ属)の植物で、レンブなど果実を食用にすることの多い植物なのです。
 このダイアリーでは同じ属ですでにチョウジノキが登場しています。

 フトモモ科は、130~150属、約3,000種を擁する大きな科で、多くは熱帯地方から亜熱帯地方に分布しています。日本では、南西諸島や小笠原諸島に数は少ないのですが分布が見られるということです。
 これまで登場したフトモモ科の植物は次のようなものがありました。いずれも熱帯地方を彷彿とさせる個性的な植物が多いです。
  アクメナユーカリグアバギンバイカギョリュウバイブラシノキ

 Syzygium属の写真です。

フトモモ Syzygium jambos

    IMGP3148.jpg      IMGP2851.jpg
   撮影:2003年8月17日     撮影:2003年7月27日
   大阪市「天王寺公園」     大阪市「花博記念公園」


    IMGP2448XX.jpg
撮影:2004年5月29日 加西市「県立フラワーセンター」

レンブ Syzygium Samarangense

     IMGP3157.jpg   
    撮影:2003年8月17日  

      IMGP0311XX.jpg      IMGP0303XX.jpg
   撮影:2004年3月25日 以上3枚は、いずれも大阪市「天王寺公園」

 Syzygium属を描いた切手です。

フトモモ Eugenia jambos (=Syzygium jambos)

    stvtn1303.jpg                  stpit0101.jpg
1975年 (旧)ベトナム民主共和国発行 1973年 英領ピトケアン諸島発行

マレーフトモモ Syzygium malaccense

    
stmly0101.jpg
 1999年 マレーシア発行

マレーフトモモ Eugenia malaccensis (=Syzygium malaccense)

    stmon0404.jpg        stcub0401.jpg
   1976年 モンセラト発行      1967年 キューバ発行
       (普通切手)

    stsmo0304.jpg        stpit0102.jpg
     (旧)西サモア発行    1973年 英領ピトケアン諸島発行

シジギウム・コルダツム Syzygium cordatum

     sttra0104.jpg             stswa0101.jpg
1978年 (旧)トランスカイ発行  1996年 スワジランド発行
     (食用果実)

レンブ Syzygium samarangense

     stnfi0303.jpg
 1962年 豪領ノーフォーク島発行(普通切手)

ミズレンブ Eugenia aquea (=Syzygium aqueum)

     stmld0203.jpg         stsin0202.jpg
 1975年 モルディブ発行 1986年 シンガポール発行

フトモモ属の一種 Syzygium sp.

    stnau0101.jpg 
1973年 ナウル発行(普通切手)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR