FC2ブログ

748.危ない植物(12):ヒヨス

 危ない植物にして本日の誕生日の花、ヒヨスという植物です。

 ヒヨスは、ナス科 Hyoscyamus 属(ヒヨス属)のユーラシア大陸原産の植物ですが、現在では世界中に分布しているということです。
 

 この植物の特徴は、なんといってもその毒性でしょう。
 小動物ならばこれを食べると死に至るということで、人間が摂取すると、幻覚、痙攣、麻痺、嘔吐などの症状が出るそうですから要注意です。
 ところが、蝶の仲間の幼虫にはこのヒヨスの葉を好んで食べるというのいるようですから、不思議です。

 ヒヨスは確かに毒草なのですが、「毒と薬は紙一重」の通りで、このヒヨスも古くから薬として使われてきました。ベラドンナチョウセンアサガオなどの植物(この2つともナス科です)由来の薬用成分と合わせて麻酔薬として使われてきたようです。

 写真です。手元にありませんでしたので、ウイキペディアから借用です。

ヒヨス Hyoscyamus niger

    Henbane1[1]
 ●見るからに毒々しい風貌です。

 切手です。

ヒヨス Hyoscyamus niger

    stddr0601.jpg      stddr1006.jpg
  1981年発行(医療器具)  1982年発行(毒草)
以上2枚は、(旧)東ドイツ発行

     sttrk0203.jpg         styug0404.jpg
     1988年 トルコ発行   1963年 (旧)ユーゴスラビア発行
        (薬用植物)

ヒヨス Hyoscy(a)mus niger

      stmgl0504.jpg
  1986年 モンゴル発行
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR