FC2ブログ

773.今日の植物(442):インドボダイジュ

 本日の誕生日の花の一つにボダイジュが取り上げられていますが、音楽に出てくるシナノキ科のボダイジュは既に登場済ということで、インドボダイジュと呼ばれているボダイジュにしました。

 インドボダイジュはクワ科 Ficus 属(イチジク属)の常緑高木で、インドから東南アジアに広く分布しています。
 イチジク属なのですが高さは20メートルにも達して、他の樹木にからみつく性質(絞殺しの木)をもっています。

 インドボダイジュも仏教の三聖樹のひとつで、釈尊がこのインドボダイジュの下で悟りを開かれたと伝えられています。
 他の聖樹は、サラノキムユウジュでした。

 しかし、このインドボダイジュも寒冷な日本では生育することができないことから、寺院などでは上記の音楽の方のボダイジュが代わりに植えられているということです。

 インドボダイジュの仲間の写真です。

インドボダイジュ Ficus religiosa
 ●種小名の「religiosa」は「宗教的な、尊厳な」という意味ですので、ひょっとすると釈尊の開悟とも関係があるのかもしれません。

    P1080575.jpg     P1080577.jpg
撮影:2012年12月19日 インド ブダガヤ「マハーボディー寺院」 
 ●釈尊がこのインドボダイジュの元で悟りを開かれたと伝えられている場所です。

    IMGP2679X.jpg      P1040499.jpg
   撮影:2004年1月12日      撮影:2012年1月22日
姫路市「市立手柄山温室植物園   京都市「府立植物園」

     P1040763.jpg       P1040986.jpg
    撮影:2012年2月12日       撮影:2012年3月10日
  東京都「夢の島熱帯植物園」      草津市「水生植物園」
 ●葉の先端が長く伸びているところが特徴です。 
 
ベンガルボダイジュ Ficus benghalensis

    IMGP2392.jpg
撮影:2003年6月22日 京都市「府立植物園」

コバンボダイジュ Ficus deltoidea

    IMGP2067X.jpg
撮影:2004年1月12日 姫路市「市立手柄山温室植物園」

ボダイジュモドキ Ficus rumphii

     
IMGP4809.jpg     IMGP4810.jpg
 撮影:2005年2月11日 香港
 ●「絞殺しの木」の本領を発揮しているようです。

 切手です。


インドボダイジュ Ficus religiosa

    stind1002.jpg 
      1987年 インド発行

(以下2013年1月17日追加分です)

    stind9906.jpg
1997年 インド発行(INDEPEX)
 ●写真のブダガヤのマハーボディー寺院のインドボダイジュを描いた切手です。
 ●INDEPEXは、97年にインドで開催された国際切手展のことです。


 ●この切手は下のような4枚セットに入っていて、いずれにも仏教の聖地が描かれています。
  左上から時計回りにナーランダ仏教学院遺跡、ブダガヤマハーボディー寺院、バイシャリ仏塔跡、クシナガラ荼毘塚で、いずれも今回のインド・ネパールの旅で参拝したところです。

    IMG_0003.jpg
(追加分は以上)

ベンガルボダイジュ Ficus benghalensis 

    stind1004.jpg
     1987年 インド発行 
 ●ベンガルボダイジュはインドの国の木なのだそうです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR