FC2ブログ

808.今日の植物(471):ノアサガオ

 最近よく見かけるようになったアサガオに似たたくましい植物、ノアサガオです。

 アサガオと同じヒルガオ科 Ipomoea 属(サツマイモ属)の多年草です。日本の紀伊半島以南から四国、九州、東南アジア、オセアニアなどに広く分布しているようです。沖縄では低地や、森林、藪でごく普通に見かけられる植物なのだそうです。

 葉はハート形に近く先端がとがっているのが特徴です。
 越冬して成長し茎は木化しているのを見受けるようになりました。とにかく成長力が強靭で、蔓は10メートルにも伸びて、垣根や壁を覆い尽くすようになります。
 花も一般のアサガオとは違って午後になっても元気に咲く一日花です。(午後にも咲いているアサガオ風の植物を見かけたらこのノアサガオの仲間ということになるのでしょうか)
 
 このノアサガオの園芸種がリュウキュウアサガオやオーシャンブルー、シュッコンアサガオなどという名前で販売されているようです。

 写真です。他に、同じ宿根性のモミジバアサガオも載せました。

ノアサガオ Ipomoea indica

    P1010485.jpg   P1010486.jpg
撮影:2010年11月21日 長岡京市「西山公園」
 ●11月末にモミジを見に行った時にも元気に咲いておったのです。

リュウキュウアサガオ  Ipomoea indica 

     P1070080.jpg   P1070085.jpg 
 ●ノアサガオの園芸種です。

    P1070074.jpg
 以上3枚は、撮影:2012年8月20日 西宮市「西宮市役所」
 ●西宮市役所のガラス面はこのように蔓性の植物で覆ってありました。使われている植物はアサガオの仲間の他に、フウセンカズラゴーヤーなどがありました。

モミジバアサガオ Ipomoea cairica

    P1070234.jpg     P1070236.jpg
 
    P1070237.jpg     P1070238.jpg
撮影 :2012年9月26日 京都市右京区西院
 ●このモミジバアサガオの花を電車の中から見つけて気になっていたのですが、写真に撮ることができました。場所は、嵐電の西院駅と西大路三条駅の間です。
 嵐電(嵐山から四条大宮あるいは白梅町を結ぶ)の電車もレトロな雰囲気があっていいです。線路脇まで花が進出していましたが、電車に轢かれなければいいのですが・・   
 ●別名タイワンアサガオとも呼ばれているようです。   

 ノアサガオとモミジバアサガオを描いた切手です。
 
ノアサガオ Ipomoea acuminata(=indica) 

    stsrn0702.jpg
    1983年 スリナム発行
 ●ノアサガオとなっているのですが、特徴が少し違うようにも思います。

モミジバアサガオ Ipomoea cairica

    sttha0101.jpg          stmacp0402.jpg
    1993年 タイ発行   1991年 (旧)ポルトガル領マカオ発行
       (新年)                 (花と庭園)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR