FC2ブログ

809.癒しの植物(24):ミョウガ

 久しぶりの癒しの植物はミョウガです。余り脈絡のない登場なのですが、花が咲いているのを見かけましたので取り上げました。

 ミョウガは、ショウガ科 Zingiber属(ショウガ属)の多年草で、原産地は東アジアの温帯地方だとされています。

 ウイキペディアによりますと、日本の山野に自生しているものも見られるのですが、これらは人が住んでいたと思われる場所以外では見かけられないこと、野生種がないこと、などから大陸から持ち込まれて栽培されたのだとしています。
 シャガという植物がありますが、これも同じような帰化植物だということでした。

 ミョウガというのも妙な名前ですが、これまたウイキペディアによりますと次のようになっています。
 大陸からショウガとともに持ち込まれたときに、香りの強い方を「兄香」(せのか)、弱い方を「妹香」(めのか)と呼ぶようになり、それがショウガ、ミョウガとなったのだそうです。これはなかなか説得力があります。

 独特の香りを持っていて、そうめんに添える、酢のものに加えるなど特に夏にはよい食材です。

 ミョウガを食べると物忘れがひどくなる、という話を昔聞いたことがあります。
 これもウイキペディアで確認すると、釈尊の弟子に物忘れのひどい人がいたそうで、自分の名前さえ忘れるくらいだったそうです。そこで名荷(名札のことだそうです)を首にかけさせたのですが、それでも名前を思い出せなかったそうで、その名荷に似た名前(茗荷)からそんな俗信が生まれたということです。
 この話からさらに、そのお弟子さんの墓にこのミョウガが生えたのだという話が派生したそうですが、私はこの後の方の話を聞いたような記憶があります。

 実際にはそのようなことはなくて、ミョウガの香りには集中力を向上させる成分が含まれているようですから、試験勉強には有効な食物だということになります。

 ミョウガを使った家紋というのもよく見ます。

    600px-Japanese_crest_daki_Myouga.svg[1]     600px-Japanese_Crest_Irechigai_Myouga.svg[1]
        「抱茗荷」            「入れ違い茗荷」

 写真です。

ミョウガ Zingiber mioga
 ●種小名「mioga」はまさにミョウガです。 

    P1070117.jpg     P1070120.jpg
撮影:2012年8月30日 西宮市「北山緑化植物園」
 ●右の写真がミョウガの花です。

    IMGP3188.jpg       
撮影:2003年8月24日  『山奥植物園』

 ミョウガを描いた切手というのは手元にありませんでした。これは難しそうです。

(おしらせです)

 Postcrossingで送られてきた絵葉書の写真を追加しました。
  スグリ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-387.html
  エンコウソウ http://botdiary.blog122.fc2.com/blog-entry-318.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR