FC2ブログ

893.今日の植物(536):トマト

 手持ちの切手を見ていてトマトがこれまで登場していなかったことに気づきました。あんなに身近にあるのですが、余りに身近すぎて誕生日の花にも取り上げてもらえずにきたのでしょう。

 トマトは、ナス科 Lycopersicon属(トマト属)の一年草で、メキシコあるいはペルーあたりが原産地だということです。
 日本には17世紀にはもたらされたようですが、昭和になって甘みに富んだアメリカ産のものが入ってきてから本格的に栽培されるようになったということです。

 現在では、さまざまな品種のものが作られています。
 ウイキペディアによりますと、色だけでも赤、ピンクから始まって、黒、緑、オレンジ、黄色、白などの品種があるということです。また、大きさからも大玉トマト(200g以上)、ミニトマト(20~30g)、中玉トマト(両者の中間)などに分かれるということです。

 最近のトマトで感じることは独特の香りが弱くなったのではないかということです。多分、強い香りが嫌われて品種改良がおこなわれた結果なのでしょう。
 子供の頃、よく畑になっているトマトを無断で食べました。すると、トマトのあの香りが口と口の周りに残って、盗んだのがばれはしないかとひやひやした記憶があります。
 と、懐かしい香りなのです。

 写真です。実の写真はウイキペディアから借りてきました。

トマト Lycopersicon esculentum

    
IMGP2082.jpg     Tomatoes-on-the-bush[1]
    撮影:2003年6月7日
    三田市志手原地区

 切手です。イギリスとタイの切手は、以前にお気に入りのセット(イギリスタイ)として登場したものです。

トマト Lycopersicon esculentum

    stgbr0504.jpg        stvtn1005.jpg
   2003年 イギリス発行         ベトナム発行

  
      strom1901.jpg         stbul1705.jpg
 1963年 ルーマニア発行  1958年 ブルガリア発行

    stmadp0502.jpg             stmlt0214.jpg
1992年 ポルトガル領マデイラ発行    2007年 マルタ発行

    stmon0802.jpg     stmon0804.jpg
 1951年 英領モンセラト発行

    sttha3201.jpg
2011年 タイ発行 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR