927.今日の植物(563):コンロンソウ

 本日の誕生日の花にカルダミネという植物があります。

 カルダミネは、アブラナ科 Cardamine属(タネツケバナ属)の多年草の総称です。
 属には約150種が含まれるそうで、南極以外の世界中に分布しているということです。

 コンロンソウもこの属の植物で、わが国を始め広く朝鮮半島、中国および東シベリアに分布しています。

 コンロンソウは、4月から6月にかけて白い花を咲かせます。コンロンソウという名前は漢字で書くと「崑崙草」、この白い花を崑崙山脈の白い雪に見立てたということです。
 同じくコンロンを名前に持つ植物としては、コンロンカというのがあります。こちらはアカネ科の植物ですが、やはり白い花(がく片)が印象的な植物です。

 Cardamine属の写真です。手元に1枚だけありました。1枚だけというのもさびしいですから、他のCardamine属の植物の写真をウイキペディアから借りてきました。

コンロンソウ Cardamine leucantha

    IMGP1457XX.jpg
撮影:2004年4月18日 亀岡市「大本花明山植物園」
 ●この写真は花が満開になる前です。

    konros_2[1]
 ●満開になるとこのようなきれいな花です。(この写真もネットから借りてきました)

(左)カルダミネ・オリゴスペルマ Cardamine oligosperma
(右)タネツケバナ Cardamine flexuosa

    400px-Cardamine_oligosperma_6649[1]    402px-Cardamine_flexuosa_eF[1]

 Cardamine属を描いた切手は手元にありませんでした。こりゃ、ないかも。  

(以下、2016年1月10日追加分です)

 「こりゃ、ないかも。」と言っていましたが、この切手がCardamine属を描いたものだということがわかりましたので、追加しました。
 (切手に表記されているDentariaという属名から1月10日の属名
Dの記事にする予定だったものです)

カルダミネ・グランドゥロサ Dentaria glandulosa(=Cardamine glandulosa)

    sthun1301.jpg
1967年 ハンガリー発行(キタイベル没後150年)

(以下、2017年7月31日追加分です)

 本来のCardamine属の植物を描いた切手です。

 ハナタネツケバナ Cardamine pratensis

    stjer1307.jpg
2006年 ジャージー発行(普通切手)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR