FC2ブログ

2407.今日の植物(1895):バンヘールデア

 今日の植物は、バンヘールデアという植物です。

 バンヘールデアは、ツルナ科 Vanheerdea属(バンヘールデア属)の多肉植物で、The Plant Listには1種の名前が挙げてあるだけでした。非常に小さな植物群だと思われます。

 実は、切手に描かれている種はVanheerdea divergensとされていて、The Plant Listの種名とは違っています。ネットで調べてみるとVanheerdea divergens種に関する情報も載っていましたので、この種はThe Plant Listでは確認されていない種ということになるのでしょうか

 頼みのウイキペディアにも記事がないという状況で、他のサイトでVanheerdea divergens種について調べてみますと、この植物は南アフリカ共和国の南ケープ、北ケープ地域に分布している植物のようです。岩場に分布して、黄色い花を咲かせるという情報がありました。

 Van Heerdenという有力な一家が南アフリカにあるという情報がありました。属名のVanheerdeaは、この一族に由来するのかもしれません。


 で、写真です。ネットから借用しています。

バンヘールデア・ディベルゲンス Vanheerdea divergens

    Vanheerdea divergens 

 切手です。4回連続して南アフリカから発行された同じシリーズの切手です。

バンヘールデア・ディベルゲンス Vanheerdea divergens

    stsaf1306.jpg
1988年 南アフリカ発行(普通切手)
スポンサーサイト



2409.今日の植物(1894):ディディマオツス

 今日の植物は、ディディマオツスという植物です。

 ディディマオツスは、ツルナ科 Didymaotus属(ディディマオツス属)の多肉植物で、切手に描かれているDidymaotus lapidiformis種の1種だけの属のようです。

 そのDidymaotus lapidiformisは、南アフリカの喜望峰の乾燥した環境に分布する植物で、分厚い一対の三角形の葉を持っているようです。秋には白、ピンクあるいはシルバーピンクの花を咲かせ、驚いたことに普通の生育環境では、20~25年の長い間生きるということです。
 日本にも愛好家がいるようで、「霊石」という和名を持っています。

 写真です。なかなか可憐な花を持っています。

ディディマオツス「霊石」 Didymaotus lapidiformis

    didylapid2[1]     didylapid1[1]

 切手です。

ディディマオツス「霊石」 Didymaotus lapidiformis

    stsaf1305.jpg
1988年 南アフリカ発行(普通切手) 
 ●前回のトリコカウロンと同じセットで発行されました。

2404.今日の植物(1892):ギバエウム

 今日の植物は、ギバエウムという植物です。

 ギバエウムは、ツルナ科 Gibbaeum属(ギバエウム属)の植物で、The Plant Listには、亜種2種を含めて25の種があげてありました。
 ウイキペディアの情報によりますと、この属は小型の多肉植物で南アフリカのLittle Karoo地域固有の植物だとされていました。

 この属の植物は、肉厚の2枚の葉を持っていて、春に白あるいはピンクの花を咲かせる植物だそうです。

 写真です。葉の外観に似合わず、可憐な花を咲かせるようです。

ギバエウム・ネブロウニイ Gibbaeum nebrownii

    Gibbaeum_nebrownii[1] 

 切手です。

ギバエウム・ネブロウニイ Gibbaeum nebrownii

    stsaf1304.jpg
1988年 南アフリカ発行(普通切手)
 ○この切手はつい先日入手したもので、19枚の多肉植物を描いた切手がセットで発行されたものです。多肉植物を描いた切手というのは植物切手のなかでは主流派ではなくて、その意味でもこのセットは貴重な、楽しいセットなのです。
 そのセットの全体はこちらです⇒切手植物図鑑

2238.今日の植物(1734):ケイリドプシス

 今日の植物は、ケイリドプシスという植物です。

 ケイリドプシスは、ツルナ科 Cheiridopsis属(ケイリドプシス属)の多肉植物で、The Plant Listでは33種の名前があげてありました。一方、ウイキペディアでは約100種があるという記事になっていました。少し差が大きいようですが、原因はよく分かりませんでした。

 Cheiridopsisの仲間は、南アフリカからナミビアに至る乾燥した地域を原産地としているようです。花は黄色が多く、他に紫や赤い花弁を持つものもあるということです。

 属名のCheiridopsisはギリシャ語由来で、Cheiris(袖)から来ているということです。葉の形をみて命名されたのでしょうか。

 切手に描かれているCheiridopsis caroli-schmidtii種は、黄色の花を持ち、三角形の断面をした葉が集まって語りになっており、茎は持たないものが多いようです。
 これはこの種だけかどうかよく分からないのですが、夏の間この植物は乾燥してあたかも枯れてしまったようになるのだそうです。

 写真です。

ケイリドプシス・カロリシュミッツィー Cheiridopsis caroli-schmidtii

    Cheiridopsis_caroli-schmidtii_2[1]
 ●種小名のcaroli-schmidtiiは Carl Schmidt氏に因んで命名されたのだそうです。彼はドイツの都市エルフルトで保育園を運用していた人だそうですが、この植物とどのような関係があったのかは不明です。

 切手です。

ケイリドプシス・カロリシュミッツィー Cheiridopsis caroli-

    stnam0401.jpg
   2007年 ナミビア発行 









 








2222.今日の植物(1720):フェネストラリア

 今日の植物は、フェネストラリアという植物です。

 フェネストラリアは、ツルナ科 Fenestraria 属(フェネストラリア属)の多肉植物で、現時点では切手に描かれているFenestraria rhopalophylla 種とその亜種の2つが確認されているという小さな植物群です。
 その種はアフリカ南部、ナミビアに分布しているということです。

 このFenestraria rhopalophylla は、葉の頂点に透明な窓状の部分を持っているという特徴があって、この部分から光を採り入れて光合成を行っているということです。
 属名のFenestrariaもラテン語のFenestra(窓)から来ているということです。

 写真です。

フェネストラリア・ロパロフィラ Fenestraria rhopalophylla

    Fenestraria_rhopalophylla2.jpg     Fenestraria_rhopalophylla[1]

 切手です。

フェネストラリア・ロパロフィラ Fenestraria rhopalophylla

    stnam0403.jpg
   2007年 ナミビア発行
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR